2018年9月24日月曜日

ディエゴ・デル・モラオ、アントニオ・レイ「ギタリスタス・デ・ヘレス」

モライート・チーコの長男、バリバリヘレスのディエゴ・デル・モラオと
マドリード生まれだが親がヘレス出身で今はヘレス在住、子供の名付け親にディエゴになってもらったというアントニオ・レイ(当日のプログラムではヘレス出身となっていたけど、他の資料はぜーんぶマドリード生まれってなっているんですけど?)

歌伴奏の名手ディエゴとヌエボ・バレエ・エスパニョールなど舞踊伴奏で頭角を現したが、ソロ志向の強いアントニオ。すでにソロアルバムは1枚と3枚出してるし、と期待したのだが。

最初はディエゴ。
タラント?からのブレリア、シギリージャ、ワルツ、父に捧げたブレリア。
Bienal Oscar Romero
最初のブレリアが自然な感じのコンパスの回り方でぞくっとした。
フアン・グランデ、フアン・ディエゴ・バレンシアのパルマ、アネのパーカッションも、さすがサンティアゴのノリ。

一方アントニオはタランタ、アレグリア、ファルーカ、ブレリア、ボレロ。
Bienal Oscar Romero

超絶技術でパルマもなしに弾いていき、ピカードやトレモロを始め、力強さもテクニックは本当にすごいんだけど、映画音楽のような甘いメロディや、表情とか狙っている感じのわざとらしさが鼻につく。
いや、本人そんな気はさらさらなくて、それが彼の自然なのかもなのだけど。
なんか嘘に見えちゃうんだよな。
すごすぎるからか? 
でも唐突な止まり方とか、あ、これがパルマつけない理由?とか思っちゃう。
なんかね、コンパスが自分勝手で自然じゃない感じなの。
技術はよくても曲としてのまとまりもイマイチだし、
あ、これは良き演奏家としてだけではなく、作曲家の才能も要求されちゃうフラメンコ・ギタリストゆえの悲劇だけどね。
観客は総立ちでございましたが。

最後に二人で弾いて、約2時間にわたるコンサート終了。
疲れ果てました。
Bienal Oscar Romero

体調悪くていくことが出来なかったけど、セントラル劇場では23時からレオノール・レアル。ギターとパーカッションのみの伴奏らしく、見に行きたかったんだけどね。

Bienal Oscar Romero



2018年9月23日日曜日

トマティート「ビビレ」

マエストランサ劇場でトマティート。
タイトルが「ビビレ」と言われれば、そりゃ期待しちゃうでしょう。
1984年に発表されたカマロンのアルバムのタイトルなのですから。

今でこそ、ソロ・ギタリストとして活躍しているトマティートだけど、もともと、カマロンの伴奏者だった。それがソロになったのは1992年の彼の死ゆえ。
いや、その前にもソロコンサートは行ってるし、レコードも出していた。
でも、彼のベースはやっぱ伴奏。
ソロを始めた最初の頃はなんだか照れくさそうに弾いていて、歌が入ると俄然生き生きしたものだったよなあ、とか思い出す。

「ビビレ」の曲を全部やるのかと思ったら、そうではなかった。
全体を通して、トマティートとその仲間によるカマロンへのオマージュという感じ。

ずらっと並んだ六人の歌い手たちは左から、モレニート・デ・イジョラ、娘マリ・アンヘレス・フェルナンデス、娘婿サンティアゴ・コルティナス、ランカピーノ・チーコ、ドゥケンデ、アルカンヘル。真ん中にトマティート、息子ホセ・デル・トマテ、バイオリンのベルナルド・パリージャ、パーカッションのピラーニャ。
Bienal Óscar Romero
最初は「レジェンダ・デル・ティエンポ」
それも最初の最初はアルカンヘルがエンリケ・モレンテのバージョンで歌い始める。
曲調が変わってブレリアでの、カマロンのバージョンをドゥケンデが歌う。
鳥肌が立つような、凄みのある歌いっぷり。

トマティートのロンデーニャ、息子のタラントとギターソロ。
Bienal Óscar Romero

息子はまだ十代で、ギタリストとしてはまだまだな感じなんだけど、世間の若いギタリストがみんな音を詰め込んで駆け巡る感じなのとは対照的にゆったりと間をとって演奏するのは好印象。

ミシェル・カミロとの映画音楽「トゥーマッチ」は、舞踊に合いそうな感じ。
アレグリア、歌も入るブレリアと続きルンバと、彼のソロコンサートのメニューが続くが、後半はゲストの三人が順に登場し2曲ずつ。
ランカピーノ・チーコはアレグリアスとロサ・マリア。
ドゥケンデはタランタ/カルタヘネーラとタンゴ。
アルカンヘルはカナステーラとナナ・デ・カバージョ・グランデ。

ムイ・フラメンコなランカピーノ・チーコ、カマロンの歌い方に一番似ているドゥケンデ、声質も歌い方も全然違うアルカンヘル。
伴奏となるとよりリラックスして楽しそうに見えるトマティート。

カマロンの曲はフラメンコ好きなら誰でも知っている、馴染みのある曲だから客席も盛り上がる。
最後は昨日同様スタンディングオーベーション。
2時間近いけど、楽しかったです。

昼12時からはトレスミルビビエンダという、低所得者層が住む地区にあるアートセンターでのギターリサイタルもちょっと覗いた。
グラナダ出身のギタリスト、アルバロ・マルティネテ。技術がしっかりした28歳。
Bienal Óscar Romero

19時からはサンティアゴ・ララのリサイタルも行われた。
Bienal Óscar Romero


2018年9月22日土曜日

マリア・パヘス「ウナ・オーダ・アル・ティエンポ」

マエストランサ劇場でのマリア・パヘス公演。
ほぼ総立ちのスタンディングオーベーションで幕を閉じたのだから大成功だろう。
「時への頌歌」という、時をテーマにした作品で、プログラムは四季の流れで進んでいく。
赤い月が振り子のように時を刻み、その下で、トリージャで、裸足で群舞が踊り春が始まる。
マリアを中心に“生命の木”の形を描くオープニングから


Bienal Oscar Romero
赤いバタ・で・コーラのマリアのシギリージャ。
まともにフラメンコを一曲踊っているのは久しぶりな感じ。
なんだけど、かつての身体のキレはなく、バタも幅広のせいか重いのか、うまく舞わない。
同世代なので日々の衰えはわかるけどちょっとさびしい。

鳥の声に続くマントンの飛翔。ビバルディの「四季」に合わせて忙しく舞う。

夏は椅子に座った群舞やミュージシャンを従えて、マリア・パヘス先生の、ローラ・フローレス的ラップ。
Bienal Oscar Romero
マリアが男女を取り持ちアルボレア。
ホセ・バリオスのソロに始まるアレグリアスが男性群舞、全体群舞へとつながる。

マリアのソロのミロンガ/ビダリータは狂女のよう。
ファッショからの戦争のイメージは、分かりやすいが、学芸会。

マリアのペテネラからレバンテ、そして涙の聖母でピエタ。
バイオリンが音程外してる。ギターのアレンジは悪くない。
そしてまた最初のトリージャに戻り、生命の樹。

観客は満足のようだが私はモヤモヤ。

マリアのパートナーによる新作レトラ、作品をより理解したくて聞き取ろうとするのだが、言葉の断片しか聞こえてこない。私の耳のせいかとも思ったが、スペイン人もそうだという。
おそらく、フラメンコ曲に乗せて歌って入るけれど、フラメンコ化仕切れていないからか。歌い方もあるのかも。歌にばばばとサパテアードかけてくるせいもあるけどね。

19時からはダビ・カルモナ。
Bienal Oscar Romero
23時からはアンドレス・ペーニャでした
Bienal Oscar Romero



2018年9月21日金曜日

ラファエル・ロドリゲス「デハンドメ・ジェバール」

エスパシオ・トゥリーナでの、ギターリサイタルのシリーズは今回のビエナルのプログラムの中でも屈指のものかもしれない。

先週のパコ・ハラーナ、アルフレド・ラゴスも良かったけど、昨日のラファエル・ロドリゲスも最高だった。
ミラグロス・メンヒバルをはじめ、ベレン・マジャ、ダビ・パロマールなど数多くの踊り手、歌い手達の伴奏を主に活躍している実力派。1957年生まれというから61歳。
数年前にフランス、ニームのフェスティバルで、ミラグロスやロシオ・モリーナ、ハビエル・バロンらをゲストにソロ公演を行ったこともあるが、セビージャではおそらく初めて。
タイトルは「なすがままにしている」という意味。

Bienal Óscar Romero
 シギリージャのバリエーションから始まり、ガウタマ・デル・カンポがサックスで歌うマラゲーニャを伴奏。娘でパーカッション奏者のイサ・ロドリゲスとサンブラ。
セビージャ交響楽団のバイオリニストで、エバ・ジェルバブエナの「アイ」でも演奏していたウラジミール・デミトリエンコとのファルーカは最後、イサのドラムが加わり、まるで聖週間の行進曲のようになる。
10年前のビエナルで彼に伴奏賞を与えた、ロシオ・モリーナのグアヒーラでは、ロシオが登場。
あのグアヒーラの完璧な再現に大きなお腹を強調するユーモラスなしぐさも加え、いやあ、素晴らしかった。
彼女の細部までにこだわった身のこなし、動き。扇使いの工夫。
それを支え、より味わい深くするラファエルのギター。

Bienal Óscar Romero
とにかくすごいグアヒーラだった。


最後はジャズ風というか、ラテンのりというか、ちょっとポップに2曲演奏。
フラメンコで言えばルンバになるかな。でもそこにこだわらず自由に遊んでいるような曲。
Bienal Óscar Romero
ソロギタリストのリサイタルとは一味も二味も違う楽しい、リサイタルだった。


ロペ・デ・ベガ劇場では20時半からウトレーラ
Bienal Óscar Romero

アラメーダではボリータ「カオティコ」
Bienal Óscar Romero



2018年9月20日木曜日

ヘレスのクルシージョ2019

ビエナル中ではございますが、ヘレスのフェスティバルのクルシージョ情報をアップするのを忘れたいたのでこれも。
お値段据え置きでございます。
すでに6割埋まっているそうです。

2019年 へレスのフェスティバルのクルシージョ
▼舞踊
223(土)~31(金)
[教]〈b〉アルムデナ・セラーノ
[内容]10時~1150分;タンゴス舞踊入門(入門1
[教]〈b〉ピラール・オガージャ
[内容]10時~1220分;バタ・デ・コーラとアバニコのグアヒーラのテクニック(基礎)
[教]〈b〉ラ・モネータ  満員
[内容]10時~1220分;タラントスのテクニック(基礎)
[教]〈b〉アントニオ・エル・ピパ
[内容]10時~1220分;ロンデーニャのテクニック(基礎)
[教]〈b〉マルコ・フローレス 満員
[内容]10時~1220分;シギリージャスのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉ロシオ・コラル
[内容]10時~1220分;バタ・デ・コーラのシギリージャのテクニックとスタイル。トリージャの振付の研究(中級)
[教]〈b〉ラファエラ・カラスコ
[内容]10時~1220分;ソレアのテクニックとスタイル(向上)

[教]〈b〉ベアトリス・モラーレス 満員
[内容]13時~1450分;アレグリアスの舞踊入門(入門2
[教]〈b〉アンヘリータ・ゴメス
[内容]13時~1520分;ヘレスのブレリアのテクニック(基礎)
[教]〈b〉インマクラーダ・アギラール
[内容]13時~1520分;ソレアの舞踊のテクニック(基礎)
[教]〈b〉ラファエラ・カラスコ 満員
[内容]13時~1520分;ティエントスのテクニック(基礎)
[教]〈b〉マヌエル・リニャン 満員
[内容]13時~1520分;タンゴスのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉ラ・モネータ
[内容]13時〜1520分 サンブラのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉アンドレス・ペーニャ
[内容]13時〜1520分 ブレリアすのテクニックとスタイル(中級)

[教]〈b〉ヘマ・モネオ 満員
[内容]16時~1750分;ブレリアス舞踊入門(入門2
[教]〈b〉アンドレス・ペーニャ
[内容]16時~18時20分;ハレオ・エストレメーニョのテクニック(基礎)
[教]〈b〉マリア・ホセ・フランコ
[内容]16時~1820分;アバニコのからコーレスのテクニック(基礎)
[教]〈b〉ガラ・ビバンコス
[内容]16時~1820分;スペイン舞踊のクラス。技術と組み立て(基礎)
[教]〈b〉オルガ・ペリセ
[内容]16時〜1820;アレグリアすのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉マリア・デル・マル・モレーノ
[内容]16時~1820分;ソレア・ポル・ブレリアのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉ハビエル・ラトーレ
[内容]16時~1820分;ファルーカのテクニックとスタイル(中級)


33(日)~9(土)
[教]〈b〉イレーネ・カラスコ
[内容]10時~1150分;アレグリアス舞踊入門(入門2
[教]〈b〉イサベル・バジョン
[内容]10時~1220分;カーニャのテクニック(基礎)
[教]〈b〉アンヘル・ムニョス 満員
[内容]10時~1220分;ソレアのテクニック(基礎)
[教]〈b〉マヌエラ・カルピオ
[内容]10時~1220分;アレグリアスの舞踊のテクニック(基礎)
[教]〈b〉アリシア・マルケス
[内容]10時~1220分;ティエントス、タンゴスのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉エル・チョロ
[内容]10時~1220分;タラントスのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉メルセデス・ルイス
[内容]10時~1220分;シギリージャのテクニックとスタイル(中級)

[教]〈b〉カルメン・エレーラ
[内容]13時~1520分;ブレリアス入門(入門1
[教]〈b〉アンヘリータ・ゴメス
[内容]13時~1520分;ヘレスのブレリアのテクニック(基礎)
[教]〈b〉アンヘル・ムニョス 残わずか
[内容]13時~1520分;アバンドラオのテクニック(基礎)
[教]〈b〉メルセデス・ルイス
[内容]13時~1520分;バロンデーニャの舞踊のテクニック(基礎)
[教]〈b〉マヌエル・ベタンソス残1
[内容]13時~1520分;カーニャのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉レオノール・レアル
[内容]13時~1520分;ブレリアスのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉コンチャ・ハレーニョ
[内容]13時〜1520分;アバニコのグアヒーラの舞踊のテクニック(中級)

[教]〈b〉フアン・アントニオ・テヘーロ
[内容]16時~1750分;ソレア・ポル・ブレリアの舞踊入門(入門2
[教]〈b〉マリア・ホセ・レオン
[内容]16時~1820分;ティエントの舞踊のテクニック(基礎)
[教]〈b〉ホセ・ガラン
[内容]16時〜1715分。1730分〜1845;フラメンコ・インクルシボのアトリエ(しょうがい者及びしょうがいのない人、その面倒を見る人、先生、ダンサー対象。前半は知的しょうがい、後半は身体しょうがい者むけ/最後の日にクラス公開。定員20名)
[料]115ユーロ
[教]〈b〉マヌエル・ベタンソス
[内容]16時~1820分;ソンブレロのガロティンのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉アナ・モラーレス
[内容]16時~1820分;バタ・デ・コーラのソレアのテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉ドミンゴ・オルテガ
[内容]16時~1820分;タンゴスの舞踊のテクニックとスタイル(中級)
[教]〈b〉ハビエル・ラトーレ
[内容]16時~1820分;カンティーニャスのスタイルと振り付け(向上)

※中級と向上のバタ・デ・コーラのクラスはそれを使える経験があることが必要。

▼マスタークラス
32(土)
[教]〈b〉コンチャ・バルガス
[内容]
9
30分〜1130分、1415分〜1615分;レブリーハのブレリアス・アロマンサーダス
[教]〈b〉エバ・ジェルバブエナ
[内容]
12
時〜14時、1630分〜1830分;
[教]〈b〉マリア・デル・マル・モレーノ
[内容]
10
時〜13時;ブレリアスの秘密
※定員25名。料金、各クラス115ユーロ、当日のビジャマルタ劇場公演入場券含む

▼アトリエ/コンパスとパルマ
225(月)〜31(金)
[教]ガラ・ビバンコス
[内容]13時〜1430分 フラメンコのカスタネットのテクニックと組み立て
[場]アンダルシア・フラメンコ・センター
[教]ヘロニモ・ウトリージャ☆
[内容]15時〜1630分 フラメンコのコンパスとパルマ

35(月)〜9(金)
[教]ダビ・エル・ガンバ   
[内容]13時〜1430分 フラメンコのコンパスとパルマ(基礎)
[教]ダビ・エル・ガンバ フラメンコのコンパスとパルマ(基礎、中級)
[内容]15時〜1630分 
[料]各115ユーロ(フェスティバル公演の入場券は含まれない)
※各コース1時間半×5日計7時間半 料金115ユーロ 定員20名 



*各クラス共通インフォメーション
▽ レベル
・イニシアシオン(入門)1:フラメンコの素養がない初心者 
・イニシアシオン(入門)2;フラメンコの素養があるもの
・バシコ(基礎):受講する曲種についての基礎的な知識とフラメンコ舞踊の経験をもつ 初級  
・メディオ(中級):テクニックと受講する曲種について知識双方において高いレベルにある、その曲種の技術と振り付けを向上させる 中上級
以下のレベルはじゅうぶんなテクニックを持った上級者のみ参加可能。
ペルフェクショナミエント(向上):プロフェッショナル・レベル。振付とその様式での表現を深める。このレベルのためには十分な技術レベルが必要。プロクラス 
※スペインのレベルは国外のレベルよりも高い。レベルについての疑問はフェスティバルに問い合わせること

▽クラスの所要時間
・イニシアシオン(入門);7日間計12時間(1日1時間50分、5分の休憩含む)
・バシコ(基礎)、メディオ(中級)、ペルフェクショナミエント(向上);7日間計15時間(1日2時間20分、5分の休憩含む)
▽定員 25
振り付けクラスのみ20
▽受講料
・イニシアシオン(入門);325ユーロ 
・バシコ(基礎)、メディオ(中級)、ペルフェクショナミエント(向上);365ユーロ
   割引;同じ週に2つ以上のクラスを受講の場合、レベルの低い方のクラスが25パーセント引き
※ 受講料にはクルシージョ受講期間中のビジャマルタ劇場公演6回の入場券が含まれる。
ハビエル・ラトーレの振り付けとテクニックのクラスでは最終日に期間中に振り付けたものを公演する。この公演には生徒のうち希望者が出演できる。

▽その他
・クルシージョ受講期間中のビジャマルタ劇場公演の入場券は講習料金に含まれる。
(前期、後期通じて受けた場合でも中日32の入場券は含まれないので注意)
・ すべてのクラスはスペイン語で行われる。
・ 全てのクラスに歌い手とギタリストをつけられるようにしているが、クラスをどのようにオーガナイズしクラスをすすめるかは講師次第。歌い手、ギタリストの有無はフェスティバル事務局に問い合わせ可能。
・ クラスの場所は変更の可能性あり。
・ フェスティバルは宿泊先のリストを提供するが、そのないようについては責任を持たない。



▽問い合わせ
Festival de Jerez/Area Formativa
Fundacion Teatro Villamarta
住所 Plaza Romero Martinez, s/n.11402 Jerez(Spain)
電話 34956149685
-->
FAX 34956149059