2018年5月10日木曜日

タレント・フラメンコ・コンクール優勝者ガラ

セビージャ、セントラル劇場では昨年開催されたタレント・フラメンコ、コンクール優勝者ガラ公演。
クリスティーナ・ヘーレン財団がアンダルシア・フラメンコ機関の協力で行ったこのコンクール、優勝者には財団での年間コースの奨学金が授与される。

舞踊部門のアドリアン・ドミンゲスはシギリージャ。
91年セビージャ生まれ。今セルバトリオやマノロ・マリンのアカデミアで習い、タブラオ、パラシオ・アンダルースなどで活躍し、後、マドリードに出てカサパタスなどで踊っているとか。体はよく動くが、シギリージャでもブレリアでもソレアでも同じような踊りだろうな、って思わせる、三拍子系サパテアードの繰り返しはつまらない。靴のかかとの一方がベージュでもう一方は黒ってのはなぜ? 個人的には黒がいいなあ。靴裏もベージュは悪目立ち。で、気になったのが足首がぐらっとすること。あれなんでだろう?

続くギター部門はムルシア出身ブラス・マルティネス。ソロでグラナイーナ。実際に突っかかるわけではないけれど、つまずくような感じがあるのはなぜ? パルマ二人とのブレリアは、ファルセータのメドレーで、曲全体としての統一感などはない。まだまだか。

最後に登場したカンテ部門優勝のレラ・ソトが素晴らしかった。
ビセンテ・ソトの娘。ソルデーラの孫。アントニオ・ヘロの息子ノノ・ヘロの伴奏で、バンベーラ、ティエント・タンゴ、シギリージャ。
このままリサイタルでもおかしくない実力。音程の良さではすでに父を超えている。
強弱のつけ方、かすれ、など、いやあ、もう立派なプロです。

後で聞いたところによると、彼女も財団に少し通ったそう。
これからどんどん良くなっていくことに期待。

でも後の二人はまだ通わなくちゃいけないような。。。
 

2018年5月7日月曜日

第1回ヘレスフラメンコギター国際フェスティバル

第一線で活躍するギタリストをどこよりも数多く輩出している街、ヘレス。
この街で第一回のフラメンコギターフェスティバルが開催される。
マスタークラスにコンクール、講演、コンサートと盛りだくさん。
監督を務めるのはサンティアゴ・ララ。
恩師バラオに捧げる公演ではバリバリ活躍中の門下生が一堂に揃う。



◇第1回ヘレスフラメンコギター国際フェスティバル
7/18(水)~7/22(日)
7/18(水)、19(木)11時~13時
[教]〈g〉ディエゴ・デル・モラオ
7/20(金)、21(土)11時~13時
[教]〈g〉サンティアゴ・ララ
21時講演;フラン・ペレイラ「ハビエル・モリーナ、ギターの魔術師」
22時30分 コンクール決勝/青少年部門
7/19(木)
21時お話;ホセ・ルイス・バラオ、司会ホセ・マリア・カスターニョ
22時30分 コンクール決勝/全体部門
7/22(日)22時
コンクール授賞式、受賞者ガラ
[場]ヘレス グアリダ・デル・アンヘル
7/20(金)22時「マエストロ・バラオに捧げる」
[出]〈g〉フアン・ディエゴ・マテオス、アルフレド・ラゴス、ボリータ、パコ・ララ、ハビエル・パティーノ、ホセ・イグナシオ・フランコ、ハビエル・イバニェス、サンティアゴ・ララ、パコ・レオン、特別協力〈c〉ダビ・ラゴス、〈b〉メルセデス・ルイス
7/21(土)22時
[出]〈g〉ディエゴ・デル・モラオ、アントニオ・レイ、特別協力〈c〉ティア・フアナ・デル・ピパ、マラ・レイ、〈b〉ファルー、ヘマ・モネオ
[場]ヘレス アルカサル

[問]info@festivalguitarraflamenca.com

2018年5月6日日曜日

カンテ・デ・ラス・ミーナス国際フェスティバル プログラム発表

今年のウニオンのコンクールとフェスティバルのプログラムが、マドリードのコラル・デ・ラ・モレリアで発表された。
踊りがビバンコスだけで、例年に比べて地味かも。
ロンボ、ディアナ・ナバーロはスペイン歌謡系だし。


◇第58回カンテ・デ・ラス・ミーナス国際フェスティバル
8/1(水)22時「ラ・ウニオンの日」
[出]〈fl〉オスカル・デ・マヌエル他
8/2(木)22時
[出]2017年優勝者  〈c〉アルフレド・テハーダ、〈b〉フェルナンド・ヒメネス、〈fl〉セルヒオ・デ・ロペ
8/3(金)23時
[出]〈c〉ミゲル・オルテガ、ディアナ・ナバーロ
8/4(土)23時
[出]〈c〉マヌエル・ロンボ、ピティンゴ
8/5(日)23時
[出]〈c〉アントニア・コントレーラス、アルカンヘル+ブルガリアン・ボイス
8/6(月)23時
[出]〈c〉マリア・テレモート、〈b〉ビバンコス
8/7(火)23時
[出]〈g〉ビセンテ・アミーゴ
8/8(水)、9(木)、10(金)22時
コンクール準決勝
8/11(土)22時
コンクール決勝
[場]ムルシア ラ・ウニオン 旧公設市場

[問]www.fundacioncantedelasminas.org



2018年5月4日金曜日

ヘーレン財団フラメンコ芸術学校「日西友好条約150周年記念日本人留学生ガラ公演」

クリスティーナ・ヘーレン財団理事長、ホセ・ハポン・セビージャ名誉領事の挨拶、
元アンダルシア国際大学総長のフアン・マヌエル・スアレス・ハポンと私の日本のフラメンコについての話の後、日本とスペインをテーマにした短編映画コンクールで2位になった、現在留学中のカルメン小林を主人公とした短編ドキュメンタリー「カルメン」

の上映に続き、ヘーレン財団フラメンコ芸術学校の日本人留学生らによるガラ公演。

まだ19歳と言うあくつゆなは同級生と共にソロを演奏。

繊細な演奏。
 続いて、北岸麻生伴奏で、工藤朋子のソレア。
プロの貫禄。

工藤はペソのある、重心の低い、いいソレア。
歌い手も財団の学生。こなしてはいるものの役不足。
もっといい歌い手で見てみたい。






奨学生二人のコプラ・ポル・ブレリアの伴奏は鈴木ひろよし


小林百恵と加藤凛のブレリアは、フラメンコからロック調になったりの変化球。
フラメンコを言葉として使おうという姿勢が頼もしい。
これからどんな展開を見せるのか楽しみ。

最後はタンゴ。大城まどかから

島袋紀子へと踊り継がれる。
カルメンが歌う。

若いっていいね。


セビージャ カルトゥハセンターのフラメンコ

セビージャは旧万博会場内に今年3月オープンした新劇場、カルトゥハセンター。
ミュージカルや人気歌手のコンサートなどの他、フラメンコ公演も行われます。
市立、州立の劇場に比べると入場券がちょっと高いかな。



◇セビージャ カルトゥハセンターのフラメンコ
5/26(土)20時「メルセ、シンフォニコ」
[出]〈c〉ホセ・メルセ
[料]32~62ユーロ
6/7(月)20時30分「ノ・マレコホ50アニョス・エン・ファミリア」
[出]〈c〉ディエゴ・カラスコ、ゲスト〈c〉レメディオス・アマジャ他
[料]15~30ユーロ
6/9(土)21時「トレス・フラメンコス」
[出]〈b〉ファルキート、ファルー、カルペータ
[場] セビージャ カルトゥハセンター
[料]25~50ユーロ
6/22(金)20時30分、23(土)19時、22時「ナシードス・パラ・バイラール」
[出]〈b〉ロス・ビバンコス
11/23(金)、24(土)「メスティソ・イ・フロンテリソ」
[出]〈c〉ピティンゴ

[問]https://cartujacenter.com

2018年4月24日火曜日

アルヘシラス パコ・デ・ルシア国際ギターの出会い

パコ・デ・ルシアの生まれ故郷アルヘシラスで、彼の死後始まったフェスティバル、
パコ・デ・ルシア国際ギターの出会い。
今年のプログラムが発表された。
開幕を飾るのは地元出身で、一昨年素晴らしいアルバムを発表したギタリスト、ホセ・カルロス・ゴメス。二日目はスペイン歌謡/ポップのパストーラ・ソレール。
20日のファルキート、ディエゴ・デル・モラオがフラメンコファンにとってはベストかも?


◇第5回パコ・デ・ルシア国際ギターの出会い
7/17(火)22時15分
[出]〈g〉ホセ・カルロス・ゴメス
7/18(水)22時15分
[出]パストーラ・ソレール
7/19(木)22時15分
[出]〈violin〉パコ・モンタルボ
7/20(金)22時15分
[出]〈g〉アントニオ・レイ、〈b〉ファルキート、〈c〉アントニオ・レジェス、〈g〉ディエゴ・デル・モラオ
7/21(土)22時15分
[出]〈c〉エストレージャ・モレンテ
7/22(日)22時15分
[出]〈g〉ダニエル・カサレス、トリアーナ交響楽団
[場]アルヘシラス マリア・クリスティーナ公園

[問]https://emelleventos.es/

2018年4月22日日曜日

メルセデス・デ・コルドバ「セール」

エバ・ジェルバブエナ舞踊団で長らく活躍したメルセデス・デ・コルドバ。
地元コルドバのコンクールで優勝した実力派。
その初めての作品「セール」が4月20日コルドバ、ゴンゴラ劇場で上演された。

エンリケ・エストレメーニョ、プルガ、ヘスース・コルバチョのアカペラで始まり、タラント。舞台全面に黒紗幕があるのだが、それにシワが寄っていて舞踊が見にくいのだが、彼女のいつもの、官能的なタラントではなく、苦しみに溢れた感じ。コラへを感じる。

フアン・カンパージョの美しいギターソロ。ヘスースが歌うアカペラのミロンガ。
おりに閉じ込められた白いバタ・デ・コーラのメルセデス。
カラコーレス。

ギターと寄り添い、
彼女自身がギターのように歌い出している場面の美しさ。
涙が出そうだ。

そして最後に踊ったソレアが圧巻。エバの影響は顕著。
だが、フラメンコは彼女の言葉でもある。
畳み掛けるように訴えかけてくる。


音楽も衣装も照明もいい。
もう一度見たい作品。