2019年3月13日水曜日

ヘレスのフェスティバル 観客賞はダビ・コリアに

©Javier Fergo Festival de Jerez
ヘレスの新聞社ディアリオ・デ・ヘレスが、観客の投票によって選ぶ観客賞は、ダビ・コリアの『アノニモス』に決定。

10点満点で9.83という高得点を獲得しました。
おめでとう!


今回は初めて、投票はウエブでとなったので、その影響もあるかな?

2019年3月11日月曜日

へレスのフェスティバル最終日ハビエル・ラトーレの振り付け工房

毎年恒例、ハビエル・ラトーレの振り付け工房。
今年は風邪で寝込んだハビエルを支えたアナ・マルガのブレリアに始まり
© Javier Fergo / Festival de Jerez
タマラ・タニェのタンゴ、
カルロス・カルボネルのタラントに続き
© Javier Fergo / Festival de Jerez
生徒たちのカンティーニャ。
真ん中に宇根由佳さん。
© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez

いつもながらにハビエルの振り付けは踊れない人も踊らせてしまう。
後ろの方、ちゃんとできてなかったし、前の方も間違えてたけど、それでも光る瞬間もらえる。
すごいなあ、ハビエル。

ビデオはこちら

2019年3月10日日曜日

へレスのフェスティバル最終日イスラエル・ガルバン『恋は魔術師』

天才!
その一言に尽きる。
ピアノとダビ・ラゴスの歌によるマヌエル・デ・ファリャの『恋は魔術師』全曲を椅子で踊り、その時代のフラメンコ曲で色彩を加味する。
1時間弱なんだけど見応えたっぷり。

彼にはコンテンポラリーから何かを借りてくる必要がない。
彼自身が新しい方法をつくる。
彼自身がコンテンポラリーなのだから。

すごすぎて何から話せばいいのやら。


金髪に白いブラウス、黒の裾が広がったパンタロン。腰には鎖のベルト。
サングラスをかけて椅子にずっと座っている。
下手にピアノ。その横にマイクと譜面台。
イスラエル・ガルバン/エドゥアルダ・デ・ロス・レジェスは、サングラスを外し、ピアニストが来て演奏し始めると動き始め、踊り始める。
最初は赤い手袋で。

© Javier Fergo / Festival de Jerez
『恋は魔術師』は、死んだ恋人の亡霊を追い払い新しい恋へ、という話だが(短縮しすぎだ)、舞踊劇の登場人物、カンデーラ、カルメロ、亡霊、ルシアらは一切登場しない。
そこにあるのは魔術。恋に悩み魔術へ走る。

ただただ音楽と詩だけを元に踊っているという感じ。

椅子に座ってサパテアードは、マリオ・マジャの得意技だったし、ファジャはグラナダにも縁があるので、オマージュの意味もあるかもしれない。
椅子に座っていてもさ、さ、と見せるポーズの完璧さ、凄さ、フラメンコ性。
思わずオレ!が出てしまう。

舞台の一角しか使ってないのに、劇場全体が揺れる感じ。
魔術。

© Javier Fergo / Festival de Jerez

椅子から落ち、椅子の上で横になって、椅子の上に登り、踊る。踊り続ける。
恋の悩み、痛み、苦しみを、嘆く。
フラメンコの曲じゃないけど、イスラエルはずっとコンパスが一緒。

© Javier Fergo / Festival de Jerez
曲が終わると、『恋は魔術師』が初演された1915年頃のフラメンコや流行歌を、録音に重ねてダビが歌い、エドゥアルダが踊る。
© Javier Fergo / Festival de Jerez

チャコンのマラゲーニャやエル・ビートなどなど。ダビがすごすぎ。
フラメンコの歴史が全部彼の中に入ってる?

© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez
ビデオはこちら

なんだかよくわからなかった、という人もいるかもしれない。
でも、この人はレベルが違う、というのはわかったのでは。
そう違う宇宙の人みたい。

もう一回、いやもう二十回見てみたい。

2019年3月9日土曜日

へレスのフェスティバル15日目 マリア・デル・マル・モレーノ『メデア』

へレスのブレリアのクラスでおなじみ、アンヘリータ・ゴメス門下で、アンヘリータのアカデミアを引き継いだマリア・デル・マル・モレーノが、先日亡くなった演出家サルバドール・タボラの娘で映画監督でもあるピラール・タボラの演出で踊る『メデア』

© Javier Fergo / Festival de Jerez

『メデア』と言えば、昔からのファンにはおなじみ、スペイン国立バレエが上演した、マノロ・サンルーカル音楽、ホセ・グラネーロ振り付け、ミゲル・ナロウ演出のものがあり、これがもう絶対の名作なんだから、なぜ今『メデア』やる意味あるんだか、なんだかわからない。
古典劇がメインのメリダのフェスティバル狙っているのかな。ついでにイタリカとか、ローマ劇場での夏のフェスティバルでは確かに古典劇テーマのものでプログラムするからね。

国立の『メデア』はセリフもレトラもない、音楽と舞踊だけで、物語を十二分に語り尽くすのだが、こちらの『メデア』はレトラで、またセリフで延々と説明する。それもエウリピデス版に基づいているとか。コロスの女優さん?のうちには口跡良くない人もあり、わかりにくいことこの上ない。もし会場に『メデア』の物語知らない人がいたとして、その人がこの物語わかったかというと謎。スペイン語わかったら半分はわかるかな。スペイン語わからなかったらそれこそ何が何だかわからなかったことだろう。やっぱミゲル・ナロウやホセ・グロネーロは偉大だな。言葉なしで物語を伝え感動させてたものな。
んで、コロスだけでなく、主役も喋るのである。マリア・デル・マル、女優になる? 

うーん、中途半端。学芸会とは言わないけど、街の素人劇団風。
踊り手なら踊りだけで語ってくれよ、と思うけど、演出家の意向なのかしらん。
三人のコロスも兼ねる群舞の振り付けはほぼ全部、全員正面向いて同じ振り付けというクラスレッスン風だし、マリアもなんでも同じように見える踊りは相変わらず。
背も丸まっているし。
© Javier Fergo / Festival de Jerez

相手役、ハソン/イアソンを踊るヘスース・エレーラも、背が丸まって見えるし。これって、マリア・デル・マルの振りのせい? それとも背が高いから?
© Javier Fergo / Festival de Jerez
サエタで始まり、カーニャ、シギリージャ、トナ、ファンダンゴ、タラント、ペテネーラなどなど、フラメンコ曲は満載だけど、フラメンコ感がないのはなぜだろう。
国立バレエ『メデア』はフラメンコ曲のモチーフだけであんなにフラメンコなのに。
またギターの音量が大きすぎて靴音を消すのはわざと?
ハビ・ペーニャとマヌエル・カンタローテの小気味いいパルマだけが印象に残る。

© Javier Fergo / Festival de Jerez
最後のこういうイメージとか、やっぱピラールのお父さん、タボラの作品思い出す。
なんか写真で見ると、案外綺麗でびっくり。
照明が良かったってことね。







2019年3月8日金曜日

へレスのフェスティバル14日目 ダビ・コリア『アノニモス』

ダビ・コリアは、セビージャ県コリア・デル・リオの出身。
そうです、ハポンさんで有名な町です。なんでコリアが芸名になった。
セビージャの舞踊学校からスペイン国立バレエへ。退団後はエステベス&パーニョスやロシオ・モリーナ、ラファエラ・カラスコらの舞踊団で活躍。アンダルシア舞踊団を経て、2017年へレスで発表した『エル・エンクエントロ』が好評だったのも記憶に新しい。


ため息が出るほど美しいポーズ、形と、レース編みのように複雑で細かいサパテアードで綴られるのが『アノニモ』。
匿名、無名の意味で、アンダルシア舞踊団時代の仲間エドゥアルド・レアル、ラファエル・ラミレスと三人での舞台。



薄明かりの中に重なって見える三つの体。裸のようにも見えるが、上半身裸の上に袖なしジャケット。
© Javier Fergo / Festival de Jerez
下手にミュージシャンたちがやってくる。
早い速度のシギリージャ。
まあ、複雑怪奇なサパテアードのオンパレード。
まるで競争のように、走り続けるサパテアード。
それは三人の会話だったり合唱だったり。
すごいテクニックには違いないのだけど。
© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez

ビニールか紙かでできたスカートをつけてのちょっとユーモラスな場面からの
ヘマ・カバジェーロがダビの肩車に乗って歌うファルーカ。
© Javier Fergo / Festival de Jerez
 ペペ・デ・ラ・マトローナが歌った古いルンバから
歩きつつ弾くチェロとの絡み
そしてメキシコのペテネラ(このフェスティバルで3回目?)からのペテネラ
© Javier Fergo / Festival de Jerez

© Javier Fergo / Festival de Jerez

サパテアードの掛け合いは会話、対話、言い争い。
一つの体の中にあるいろいろな心、考え、自分。
スカートは自分の中の女性性の発見、違和感、受容。
上着の脱ぎ着は上辺で判断されることの違和感。
などなど、いろいろ読むことはできる。


でも前回と比べるとなんかちょっと不満足。
足技詰め込みすぎで余白があまり無いせいかとも思ううけど。
もう一回見たいかな。

ビデオはこちら


今年のへレスは例年以上に風邪が流行ってます。
私もヨレヨレでございます。さ、あと2日。お薬飲んで頑張ろう。

2019年3月7日木曜日

へレスのフェスティバル13日目

19時からはアルフレド・テハーダのマイクなしのカンテリサイタル。

© Javier Fergo / Festival de Jerez
ビデオはこちら

21時からはモネータ。

© Javier Fergo / Festival de Jerez
でも風邪気味ということもあって劇場にはいきませんでした。
2週間で疲れもピークかも? クルシージョ受けてる人もそうじゃないかな。

モネータ作品はビエナルで見たしね。



ビデオはこちら

2019年3月6日水曜日

へレスのフェスティバル12日目 アナ・ラトーレ『レイバ・ジョ・ア・コンタール』

19時からはサラ・パウルで、24歳アナ・ラトーレのデビュー作。
レイバは彼女の母方からの苗字であり、それにひっかけてのタイトルは、私が話そうとしたこと、くらいの意味で、母レイバが彼女に語ろうとしたこと、とも、娘のレイバが語ろうとすること、とも取れる。
母ヌリア・レイバはコルドバ舞踊学校教授、父はハビエル・ラトーレ。母の姉妹も元踊り手で、その夫がアントニオ・マルケス。コルドバの舞踊専門学校卒後、現在までマドリードの上級舞踊学校に学び、資格を取得している。
これまでもハビエル振り付けで小島章司制作作品の『ファトゥム』『東洋人には歌わない』『フラメンコナウタス』、またエステベス/パーニョス『春の祭典』などに出演しているほか、ソロでタブラオ出演などもしている。

技術的事情で10分遅れで開幕。

冒頭、このビデオが流れる。
ある母と娘(レイバ母娘ではない)が暗唱する、マグダレーナ・サンチェス・ブレサの詩『私のこどもたちへの説明書』

戻らない、逃げない、恐れない、諦めない、這ってでもゴールへ、歌おう、歌えば人生はより美しい、などなどというこどもへの言葉の数々。ビデオの性質上か、少し聞き取りにくいが、人生の基本を教える母と娘。

それを客席に背中を見せて聞いているアナ。花柄のドレスはバタ・デ・コーラで、マントンをかけたスツールに座っている。

ギターが始まる。
ペテネーラ。モダンな振り付けマヌエル・リニャン。
正直、バタの扱いも、マントンもこなしているものの、そう上手とは言えない。緊張もあったのかな。
大柄な彼女にはマントンはもう少し大きめな、持ち重りのするものの方が合うだろうし、バタも、曲柄、無地とかの方が良かったのでは?
© Javier Fergo / Festival de Jerez

歌はエバ・ルイス。イメージは母。黒いワンピース。
その母をマントンで巻き込んだり、受け渡しをしたりの振り付けはホセ・マルドナードかな?

舞台上でバタを脱ぎ、黒いガウンに着替える。
男の歌い手ロベルト・ロレンテは父のイメージ。スーツで。
サンブラ/ティエントを歌い、曲はサパテアードへ。これはラトーレ振り付けで間違いない。
靴音は正確でクリア。音もきれいでこれは彼女の凄いところだろう。
© Javier Fergo / Festival de Jerez
すると、客席から話しながら登場したのは、アナのいとこを名乗る男性。
シギリージャのリズムでラップを歌い踊る。
面白い。口跡よく、小気味良いほど聞き取りやすい。
シギリージャのポーズもこなしている。
© Javier Fergo / Festival de Jerez
がそれが終わると、髪ピンを投げ捨て、椅子を投げ、髪をざんばらにして、
そこからがさらに本領発揮。
パルマでのサパテアードやハレオ。これはウーゴ・ロペスの振り付け。
テンペラメントと強さ。フラメンコ性。
髪振り乱してのタンゴはリニャンの振り付けだろう。と思ったのだが、アナ自身の振り付けだという。グラナダぽくていい感じ。
そのタンゴからのタラントというのも面白い構成。
© Javier Fergo / Festival de Jerez
最後は革ジャンに赤いチュールのスカート、スニーカーというフィフティーズ風ファッションで、ストリート風クラシコ。コルドバ。おそらくこれは彼女自身の振り付け。違うかな? 違った。ホセ・マルドーナードの振り付けだったそう。
ちょっと発表会風ではあるけれど、今を生きる自分のスペイン舞踊への思いみたいなものは伝わってくる。

24歳の半生記はいわば卒業論文。合格間違いなし。

舞台で着替えることで、空白の時間もなく、よくまとまった作品。
ただまだ道半ばであることは明白で、これからも研鑽を積んで、より良い舞台を見せてくれることだろう。

ビデオはこちら