2020年5月23日土曜日

WEBフェスティバル『フラメンコ・デ・ソファー』

劇場もタブラオもスタジオも閉鎖。
困っている踊り手たちの助けになれば、とソファでのフラメンコなる、ウエブが開設されました。
チェコでクルシージョやフェスティバルを主催するなど、フラメンコ・アーティストの招聘を手掛けているフィエスタという会社が在チェコのスペイン大使館などと協力して主催するものです。
 YouTube チャンネル。21日現在はまだプログラムがうつされるだけですが。


6月4日から毎週木曜日19時(スペイン時間/日本は翌朝2時)から週替わりで8人のダンサーの作品がウエブ公開されます。

プログラムは以下の通り(リンクはこのフェスティバル公式ウエブの各演目解説)
6月4日〜10日    ダビ・ペレス『プンタル』
6月11日〜17日  カリメ・アマジャ『ラ・フエンテ』
6月18日〜24日  ニノ・デ・ロス・レジェス『ティエラ』
6月25日〜7月1日 チョロ・モリーナ『アビソ:バイレ・デ・ヒターノス』
7月2日〜8日   ラ・モネータ『ムイ・エスペシアル』
7月9日〜15日    ポル・バケーロ『アントホ』
7月16日〜22日  アドリアン・サンタナ『シンボシス』
7月23日〜29日  モニカ・フェルナンデス『コマドレ』

いずれもアーティストが持っているビデオの提供で、1週間のみの限定公開となります。
その期間に公式ウエブから寄付ができ、ウエブ制作や送金手数料以外は全額アルティスタに贈られるそう。
寄付は5ユーロ/ドルからいくらでも。小額でもアーティストの励みに、助けになるはずです。

顔ぶれを見ると実力派の中堅どころがそろっていますね。
ウニオンの覇者ダビやアドリアンは日本人舞踊家との共演もあるし、カリメは映画やタブラオ、ガルロチでおなじみ。モネータは昔から人気があ理ますよね。
ほとんどが来日経験あるんじゃないかな?
ポルとモニカ夫妻は昔カナーレス舞踊団だったし、ポルは昔ビセンテ・アミーゴのグループでも来日したことがあります。モニカは元
私が見たのはチョロだけ。中堅の公演はスペインにいてもなかなか見るチャンスがなく、ヘレスのフェスティバルにきたチョロだけです。

商業ベースに乗りにくい、中小の劇場が少ない、などの理由で、公演数が限られてしまうからです。
なのでこれはいいチャンス。
タブラオで観た、あの踊り手がどんな作品作るのか、興味ありません?

無料で観ることもできるけど、できれば寄付もぜひ。



2020年5月19日火曜日

『文化への愛ゆえ』ウエブ・コンサート

5月24日スペイン時間21時から、SNSでコンサートが配信されます。



フェイスブック https://m.facebook.com/PorAmoralaCulturaEs
YouTube https://www.youtube.com/channel/UC73pyW2vTSBNBEzFs0uGN-g
Instagram  https://www.instagram.com/poramoralacultura/

出演はエスペランサ・フェルナンデス、
パーカッションにギジェルモ・マックギル。もともとはジャズミュージシャンで横浜ジャズ祭に出演したこともあります。
キーボードのアレックス・ロメーロはシルク・ドゥ・ソレイユ『トーテム』音楽監督。
ギターはロシオ・モリーナの伴奏などでも活躍するエドゥアルド・トラシエラ、
ベースはのポポも『トーテム』やミゲル・ポベーダのバックで活躍してた人。
踊りにファルキートの末弟、カルペータ、
歌では日本でもおなじみ、ホセ・バレンシア
カホンにエスペランサの息子、ミゲリート・フェルナンデス、
フラメンコ画家のパトリシオ・イダルゴも参加とのこと。

コンサートは前日に旧セビージャ万博会場にある現代アートセンターで収録するようです。


出演者、音響ビデオのスタッフもみんなノーギャラ。
無料で見ることができますが、公式ウエブから寄付ができて、そのお金はSan Pio X教会に全額寄付されるそうです。

日本時間で朝4時はきついかもですが、そのあともYouTubeとFacebook  de
観ることができるそうです。


https://youtu.be/mKtOWQnRbzw

2020年5月17日日曜日

おうちからのフラメンコ/へレス

ここ数年、前にも増してフラメンコにちからをいれているへレス市。
夏のフラメンコ公演も、3月、へレスのフェスティバル中に発表していたのですが、残念ながら今年の公演は中止。ブレリア祭のプログラムはそのまま、来年に持ち越すそうです。

ですが、それまで黙ってじっとしているへレスじゃありません。
で、立ち上げたのが、フラメンコ・デスデ・カサ、おうちからのフラメンコ、という企画。

地元へレスのアルティスタたちが、おうちでフラメンコを歌ったビデオでございます。

家族でコンパス打ってくれたり、伴奏してもらったりしているのは、少数派で、ほとんどが全くのアカペラ。伴奏なし。
こんな機会がなかったら聴くことができなかった、生のカンテ、裸のカンテ。
ちょっと覗いてみませんか?

これはミヒータ。



なお踊りで参加のエステル・アランダは旦那さんがギター。歌はなしで自宅のサロンで踊っていますよー。歌なしで踊るへレスの人ってのも貴重。



なお、ウエブにはこのほかにもへレスでのフラメンコのビデオがいっぱいなのでオススメです。

https://flamencodejerez.org

2020年5月16日土曜日

ヘラルド・ヌニェスのクルシージョは8月に変更

一ヶ月のごぶさたでした。
セビージャは外出禁止解除の初期段階に入り、お店などが開き始めました。
でもこれを機に店じまいをするところもあり、複雑。
お出かけがないからお洋服とか、靴とか、いつものようには売れないのだろうなあ。
バルもテラスのみは半分オープンできるのですが、それじゃ割が合わないと、閉まったままのとこ、デリバリーと持ち帰りのみのところも多いです。
それでも少しずつ、日常が帰ってきてるようで、ちょっとうれしい。

ウトレーラのポタヘ・ヒターノやへレスのブレリア祭など、夏のフェスティバルの中止の知らせが届き始めていますが、クラスは再開に向けて動いているようです。

毎年恒例、ヘラルド・ヌニェス、カルメン・コルテスが主催するサンルーカルでのクルシージョ、クルソ・フラメンコ。通常は7月の第1週に開催されているこのクラス、今年は8月末に変更されました。


毎年世界中からやってくる人もいる、老舗クルシージョ。今年は30周年です。
ギターや舞踊のクラスはもちろん、他にないのは何と言っても毎晩のフィエスタ!
講師陣のミニリサイタルがあったり、フィエスタがあったり。
ヘレスから歌い手がやってきて弾き放題、踊り放題。
クラスで学ぶことはもちろん、フィエスタで実践できるのがなんとも楽しいです。

クラス参加者にレベルは問わないのが基本。もちろん、少し予備知識があった方がいいとは思うけど。なお、夜のフィエスタ入場料はクラス料金に含まれています。



◇クルソ・フラメンコ
8/24(月)~29(土)
クルソA
[教]〈b〉カルメン・コルテス
[内容]12時~14時『サパテアード、ブラセオのテクニックと振付』
[料]300ユーロ
[場]カディス県サンルーカル パティオ・デ・ラ・ビクトリア
クルソB
[教]〈g〉ヘラルド・ヌニェス
[内容]12時~12時中上級、12時15分~14時15分初中級
[料]300ユーロ
[場]カディス県サンルーカル アウディトリオ・デ・ラ・メルセ
クルソC
[教]〈perc〉アンヘル・サンチェス“セピージョ”
[内容]14時30分~16時30分
[料]250ユーロ
[場]カディス県サンルーカル アウディトリオ・デ・ラ・メルセ
クルソD
[教]〈c〉ダビ・カルピオ
[内容]19時~21時『ティエント、タンゴス、ブレリア』
[料]250ユーロ
[場]カディス県サンルーカル パティオ・デ・ラ・ビクトリア
クルソE
[教]〈g〉アントニオ・カリオン
[内容]17時~19時「カンテ伴奏」
[料]250ユーロ
[場]カディス県サンルーカル パティオ・デ・ラ・ビクトリア
クルソF
[教]〈g〉リカルド・モレーノ
[内容]19時~21時『モダンフラメンコにおけるハーモニーとインプロビゼーション』
[料]250ユーロ
[場]カディス県サンルーカル アウディトリオ・デ・ラ・メルセ
クルソG
[教]〈b〉マリア・フンカル
[内容]9時~12時
[料]300ユーロ
[場]カディス県サンルーカル パティオ・デ・ラ・ビクトリア

[問]https://www.cursoflamenco.com/cursos/

2020年5月15日金曜日

カンテ・デ・ラス・ミーナス祭、今年はオンラインで

コンクールで有名な、ムルシア州、ラ・ウニオンのカンテ・デ・ラス・ミーナス祭。
毎年8月に開催れるこのフェスティバル、今年はオンラインでの開催に。

60周年だったのですが、それは来年に延期し、第59回2.0としての開催。
まだ、プログラム詳細は出ていませんが、日本からでも楽しめる、とポジティブにいきましょう。

2020年4月14日火曜日

コルドバ、ギター祭中止

コロナ・ビールスによる外出禁止令から一ヶ月。
劇場も、タブラオも、アカデミアもやっていません。
フラメンコ・アーティストたちは、SNSに練習動画をあげたり、
ライブをしたり、スカイプでレッスンしたり、と、様々に頑張ってます。

ソレーラ・フラメンカというフラメンコ・ギター販売サイトは、ビデオでのコンクールを開催。といっても、普通のコンクールとは一味も二味も違い、曲ではなく、ファルセータのコンクール。それもディエゴ・デル・ガストールのブレリアのファルセータをベースとしたファルセータのコンクールというもの。
アマチュア部門ではなんと、徳永康次郎が優勝。
360人の応募者から15人の最終選考に残っただけでもすごいのに。
なおプロ部門はラファエル・ロドリゲスやチクエロ、ミゲル・アンヘル・コルテス、アントニオ・モジャ、パコ・フェルナンデス、ヘレスからもディエゴ・デ・モラオやボリータ、マヌエル・バレンシア、ルイス・デ・ペリキンなどなど、錚々たるメンバーが参戦。
いや、プロの皆さんもお家にいるから時間あるんだよなー、という展開。
さて、栄冠は誰に?

そこに来たのが毎年7月に開催のコルドバ、ギター祭が中止というニュース。
今年は40周年という記念すべきとしだったにもかかわらず、中止を決めたのは、アーティスト、スタッフ、そして観客のあんぜんのため、だと言います。
コロナ禍の収束がまだ見えないゆえ、苦渋の決断だったのでしょう。
なお、6月のフラメンコの白夜も延期が決定しています。
こちらは収束すれば秋に開催ということもあるのかも。

なおセビージャのビエナルは開催予定、ということです。
4月末のフェリアも9月に延期という話もあり、にぎやかな秋になりそうですね。





2020年3月27日金曜日

ヘレスのフェスティバル/各賞

外出禁止が続いているスペインです。とりあえず4月12日まで。
禁止とは言っても、スーパーや市場、薬局、タバコ屋、新聞スタンドは空いていて日用品の買い物はできます。犬の散歩もできます。
でも街中にはおまわりさんが多く、歩いている人もまばら。
それまで風邪引こうが絶対しなかったマスクしてる人や、ビニール手袋してる人がいる。
それほど深刻な状態なのであります。
バルが開いていないから、いつもの友達にも近所の人にも滅多に会わない。
パンを買いに行って偶然会うと、1メートル以上離れて、会えてよかった、元気でねと会話します。
普段はどっかアナーキーなスペイン人たちもほぼみんな、粛々として従っているのが、事態の重大さを語っています。

なんかヘレスのフェスティバルがつつがなくとりおこなわれ終了したのが夢のよう。
その後、急激に事情が変わり、3月26日現在、日本からスペイン人以外がスペインに来ることはできないし、スペインから日本に行くことすらできない状態であります。

さて、その遠い昔の夢のようなヘレスのフェスティバル。
各賞が続々と発表されました。

観客の投票による観客賞はアントニオ・エル・ピパ。
Festival de Jerez ©Javier Fergo


批評家/専門家による批評家賞はマヌエル・リニャン『ビバ!』
Festival de Jerez ©Javier Fergo

同じく、新人賞はパウラ・コミトレ。
Festival de Jerez ©Javier Fergo

同じく、ギター賞はラファエル・リケーニ。
Festival de Jerez ©Javier Fergo
ヘレスのペーニャが選ぶ、伴唱賞はアルフレド・テハーダ(ラ・ルピに歌ってた)

Festival de Jerez ©Javier Fergo

ペーニャ公演賞はヘレスのフェルナンド・ヒメネス
Festival de Jerez ©Javier Fergo

リケーニは文句なし!
あとは見ていないものものあるし、何も言えません。
好みもあるしな。