2019年1月17日木曜日

La Yunko en Peña Torres Macarena トーレスマカレーナでの萩原淳子

セビージャ市の中心から北に行ったマカレーナ地区にあるペーニャ、トーレス・マカレーナ。おそらくセビージャで最も活発に活動を行っているペーニャで、毎週のように、舞踊やカンテの公演があり、タブラオとは一味違うフラメンコを求める外国人客も多いところです。
ここで、セビージャと日本を行き来するバイラオーラ、La Yunkoこと萩原淳子さんの公演が行われました。
ローマ字でJunkoと書くとスペイン語読みでフンコとなってしまうので、ジュンコをYunkoと書いているわけですね。

タブラオとは違い、飲んだり食べたりはバルスペースとパティでだけで、舞台のある方では飲食禁止。少し遅れて始まるのもタブラオとは違います。

ベテラン、ミゲル・ペレスのギターソロに続いて、

フアン・デ・マイレーナと

クリスティーナ・トバルの

カンテソロはマルティネーテ。二人とも最近、舞踊伴唱でよく名前を聞く人たちで、きちんとした歌い方。フアンはマリア・パヘス舞踊団やタブラオ、ロス・ガジョスでも活躍しています。

踊りはソレア。深紅の衣装で




感情を込めてきちんと踊る。

休憩を挟んで、カンテソロのマラゲーニャ/ベルディアーレスからの、緑のバタ・デ・コーラでのアレグリアス。美しい衣装、白のシージョ、櫛やモーニョなどの髪の誂えまで完璧な装い。巧い人です。


明るく軽やかに踊りあげる。

一つ一つのポーズも美しい。

教科書のようなきちんとしたアレグリアスにスタンディングオーベーション。


フィン・デ・フィエスタでは松彩果も参加して、一夜の楽しいフィナーレとなりました。



2019年1月13日日曜日

セビージャでのフラメンコ公演シリーズ/ラ・ビダ・エン・フラメンコ

セビージャの市内中心地区から言うと東南、セロ・デル・アギラ地区の工業団地、というのかな、工場や倉庫などが並ぶところにあるタボラ劇場。

白馬と聖週間の楽隊が出演する『カルメン』で、日本公演を行ったこともある、演出家サルバドール・タボラの名を冠したこの劇場は彼の劇団の本拠地で、キャパ240の小劇場。2007年に生まれてから、フラメンコ公演も幾つか行われています。
タボラ自身がかつて歌っていて、フラメンコな作品をいくつも提供していることと無縁でないかもしれません。昨年のビエナルでも上演された『ケヒオ』も、現在月2回上演しています。
また、セロ地区はルイス・オルテガやラファエル・カンパージョら、フラメンコのアルティスタの生まれ故郷でもありますし、この近くにファルーコがスタジオ持っていたことも今は遠い昔。。。

というわけで、このフラメンコ公演シリーズ。
コーディネートは踊り手でサルバドールの孫娘のマリア・タボラ。
愛知万博のスペイン館でセビジャーナスを踊っていた彼女も今は祖父の作品の主役を踊っています。
踊り手だからわかる、という感じの、若手中堅の踊り手たちによる舞台。
セントロからはちょっとありますが、プラド・デ・サン・セバスティアンから26か38番のバスでちょっと足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。



◇第2回ラ・ビダ・エン・フラメンコ
1/25(金)21時『デ・ラ・アラメーダ』
[出]〈b〉ミゲル“エル・ルビオ”、ホセ・マヌエル“エル・オルーコ”
2/8(金)21時
[出]〈b〉パウラ・コミトレ
2/15(金)21時
[出]〈b〉アントニオ・カナーレス
2/22(金)21時『ア・ベセス・ソロ・ボセス』
[出]〈b〉フェリペ・マト
3/1(金)21時
[出]〈b〉フリオ・ルイス
3/8(金)21時
[出]〈b〉ラ・マルケシータ、〈c〉ペペ・デ・プーラ
3/15(金)21時
[出]〈b〉ローラ・ハラミージョ
3/22(金)21時『アトラクシオネス』
[出]〈b〉アルバ・ファハルド、カルメラ・リケーニ、カルメン・モレーノ
3/29(金)21時
[出]〈b〉アドリアン・ドミンゲス
4/5(金)21時『ミ・ラベリント・フラメンコ』
[出]〈c〉エル・エシハーノ、〈b〉マリア・ホセ・レオン
[場]セビージャ タボラ劇場
[料]15ユーロ※カナーレスのみ25ユーロ
[問]https://tavorateatroabierto.com/la-vida-en-flamenco

前売り https://entradium.com/entradas/la-vida-en-flamenco

2019年1月12日土曜日

オランダのビエナル

ニームに続いて、オランダでも大規模なフェスティバルが開催されます。
こちらは、一都市ではなく、アムステルダム、ロッテルダム、ユトレヒトなどオランダ国内及び国境を越えてベルギーでも公演があるというもの。
アンドレス・マリンらのワークショップも行われます。



◇オランダ・フラメンコ・ビエンナーレ
1/18(金)20時30分「Dキホーテ」
[出]〈b〉アンドレス・マリン
1/19(土)20時30分「ラ・エスピナ・ケ・キソ・セル・フロル・オ・ラ・フロル・ケ・ソニョ・コン・セル・バイラオラ」

[出]〈b〉オルガ・ペリセ
[場]オランダ アムステルダム アムステルダム国際劇場
「ノクトゥルノ」
[出]〈b〉レオノール・レアル、〈g〉アルフレド・ラゴス、〈perc〉アントニオ・モレーノ1/20(日)20時30分[場]アムステルダム Bellevue劇場
1/23(水)20時30分[場]オランダ ユトレヒト Stadsschouwburg
1/25(金)20時30分[場]オランダ アメルスフォルト Lieve Vrouw
1/26(土)20時15分[場]オランダ フローニンゲン Oosterpoort
「スエニョス・レアレス、クエルポス・ポシブレス」
[出]〈b〉ホセ・ガラン
1/24(木)20時[場]オランダ プルメレント De Prumaryn
1/25(金)20時30分[場]オランダ アムステルダム Podiun Mozaiek
1/27(日)15時[場]オランダ デン・ハーグ De Nieuwe Regentes
2/3(日)15時15分[場]オランダ アムステルダム Bimhuis
「ディストピア」
[出]〈b〉パトリシア・ゲレーロ
1/24(木)20時[場]オランダ ユトレヒト Stadsschouwburg
1/26(土)20時[場]オランダ デン・ハーグ 
1/27(日)20時[場]オランダ マーストリヒト aan het Vrijthof
「カオティコ」
[出]〈g〉ボリータ、〈b〉パブロ・マルティン、〈perc〉パキート他
1/30(水)20時30分[場]オランダ ロッテルダム Grounds
1/31(木)20時30分[場]オランダ アムステルダム ビムハイス
2/2(土)20時30分[場]オランダ ユトレヒト TivoliVredenburg
「デリリウム・トレメンス2.0」
[出]ロサリオ・ラ・トレメンディータ
1/30(水)20時30分[場]オランダ アムステルダム ビムハイス
1/31(木)20時[場]ベルギー ヘント De Centrale
「21」
[出]〈g〉ダニ・デ・モロン、〈b〉パトリシア・ゲレーロ
2/1(金)20時[場]ベルギー アントワープ De Roma
2/2(土)20時15分[場]オランダ アイントホーフェン Muziekgebouw
2/3(日)20時15分[場]オランダ アムステルダム Muziekgebouw aan´t IJ
「ア・ナイト・イン・ウトレーラ」
[出]〈fl〉セルヒオ・デ・ロペ
2/8(金)21時[場]オランダ アムステルダム ビムハイス
2/9(土)21時[場]オランダ ロッテルダム LantarenVenster
「スエニョス・デ・ロクーラ」
[出]〈g〉ダビ・カルモナ
2/9(土)20時30分[場]オランダ アムステルダム ビムハイス
2/10(日)15時[場]オランダ ロッテルダム LantarenVenster

2/9(土)19時「シエルぺ」
[出]〈b〉バネサ・アイバル
2/10(日)20時15分「ラ・フィエスタ」
[出]〈b〉イスラエル・ガルバン
[場]ロッテルダム ロッテルダム劇場

[問]https://www.flamencobiennale.nl/

2019年1月11日金曜日

ニームのフラメンコ祭開幕

明日からいよいよニームのフラメンコ祭が開幕します。
7月のモン・ド・マルサンに次ぐ歴史を誇る、フランス屈指のフラメンコ・フェスティバル。スペイン国内のフェスティバルに勝るとも劣らない、充実のプログラム。
今年は私は行くことができないのですが、チクエロとモントンのギターリサイタル、見たかったなあ。


◇第29回ニーム フラメンコ祭
1/11(金)20時「カイダ・デル・シエロ」
[出]〈c〉ニーニョ・デ・エルチェ、〈g〉ラウル・カンティサーノ
[場]フランス ニーム ラ・パロマ
1/12(土)20時「砂糖のものがたり」
[出]〈b〉エバ・ジェルバブエナ舞踊団
1/13(日)18時「対話」
[出]〈c〉ロシオ・マルケス
1/15(火)20時「ナシーダ・ソンブラ」
[出]〈b〉ラファエラ・カラスコ舞踊団
1/16(水)20時「ノクトゥルノ」
[出]〈b〉レオノール・レアル、〈g〉アルフレド・ラゴス、〈perc〉アントニオ・モレーノ
1/17(木)20時
[出]〈g〉ダニ・デ・モロン、〈c〉ドウケンデ、ヘスース・メンデス。〈palmas〉ロス・メジス
1/18(金)21時「タブラオ」
[出]〈c〉アルカンヘル、〈g〉ダニ・デ・モロン、〈palmas〉ロス・マカリネス、〈b〉ルシア・ラ・ピニョーナ
1/19(土)21時、20(日)18時「シン・ペルミソ」
[出]〈b〉アナ・モラーレス、ホセ・マヌエル・アルバレス、〈c〉フアン・ホセ・アマドール、〈g〉カニート、〈drums〉ダニエル・スアレス
[場]フランス ニーム ベルナデッタ・ラフォン劇場

1/17(木)18時
[出]〈g〉チクエロ、ホセ・ルイス・モントン
1/18(金)18時「アルバイシン」
[出]〈c〉キキ・モレンテ、〈g〉ダビ・カルモナ
1/19(土)18時
[出]〈c〉マリア・テレモート、〈g〉ノノ・ヘロ、〈palmas〉マヌエル・バレンシア、マヌエル・カンタローテ
[場]フランス ニーム オデオン

 1/14(月)20時
[出]〈c〉トマス・デ・ペラーテ、〈g〉アルフレド・ラゴス
[場]フランス ニーム  ロマニテ博物館


[問]www.theatredenimes.com

2019年1月10日木曜日

ウトレーラのフェスティバル、タコン・フラメンコ

毎年2月28日のアンダルシアの日を中心に開催されている、ウトレーラのフラメンコ舞踊を中心にしたフェスティバル、タコン・フラメンコ。今年も2月23日から開催予定。
おりからヘレスのフェスティバル開催中とあって、私は一度も行けていないのだけど、なかなか充実のプログラムです。
今年の主役、カナーレスとカルメン・レデスマによるマスタークラスも25、26.27と3月1日に開催予定だそう。
クラスと宿泊食事、舞台鑑賞のパックもあるようです。
クラスについてはhttp://flamencoenvena.com 697709036に問い合わせを。


◇第7回フェスティバル・タコン・フラメンコ
2/23(土)~3/2(土)
2/23(土)20時『ウトレーラ・イ・レブリーハ、プリモス・コモ・エルマノス』
[出]〈c〉フアン・バカン、アナ・ラ・トゥロネーラ、コンチャ・デル・ラガニャ、メルセデス・デル・パハリージャ、マヌエル・レケロ
2/24(日)17時『ミ・バイレ、ミ・レガード、舞踊学校の集い』
[出]ロシオ・パラシオス舞踊学校、マノリート・ペルーサフラメンコ学校、ビジャウ兄弟舞踊学校、ラウラ・ピッリ舞踊教室、セルヒオ・ゴンサレス ドゥアルテ舞踊学校
[料]6。8ユーロ
2/25(月)21時15分『インティモ・イ・フラメンコ』
[出]〈b〉カルメン・レデスマ、〈c〉マリ・ペーニャ、ホセ・メンデス、〈g〉アントニオ・モジャ
[料]5ユーロ
2/26(火)21時15分『カナーレスとの対話』
[出]アントニオ・カナーレス、アンヘリータ・バルガス、マノロ・マリン、カルメン・レデスマ、〈b〉ルイス・デ・ウトレーラ
[料]無料
2/27(水)21時15分
[出]〈b〉コンチャ・バルガス、〈c〉アナベル・バレンシア、ヘスース・デ・ラ・フラスキータ、〈g〉クーロ・バルガス
[料]5ユーロ
2/28(木)18時『アントニオ・カナーレスに捧げる』
[出]〈b〉マヌエラ・カルピオ、エバ・ジェルバブエナ、ファミリア・ファルーコ、カルメン・ロサーノ、〈c〉レメディオス・アマジャ、マリナ・エレディア、モンセ・コルテス、ラファエル・デ・ウトレーラ他
[料]14、18ユーロ
3/1(金)21時
[出]カンテーラ・デル・スール、ラス3000ビビエンダス 監督トロンボ
[料]5ユーロ
[場]セビージャ県ウトレーラ エンリケ・デ・ラ・クアドラ劇場
[問]http://taconflamenco.com 前売り www.giglon.com


2019年1月3日木曜日

ペーニャ公演/セビージャとグラナダ

セビージャとグラナダを代表するペーニャの公演予定。
ペーニャは基本、会員組織なのだけど、会員以外でも入場料相当を支払ってみることができるところも多い。
トーレス・マカレーナは舞踊公演も多く、外国人観光客などが訪れることもある。
開演は大抵予定より随分遅れて始まるので注意。

グラナダのプラテリアは歴史あるペーニャ。なかなか素晴らしいプログラムでございます。

◇ペーニャ・トーレス・マカレーナ/セビージャ
1/9(水)21時30分
[出]〈b〉フアン“エル・ペロン”、〈g〉ラモン・アマドール、〈c〉ヘスース・コルバチョ、エル・ガジ
1/11(金)21時30分
[出]〈c〉マリア・ホセ・ペレス、〈g〉カルメロ・ピコン
1/16(水)21時30分
[出]〈b〉ラ・ジュンコ、〈g〉ミゲル・ペレス、〈c〉フアン・デ・マイレーナ、クリスティーナ・トバル
1/18(金)21時30分
[出]〈b〉ラ・チョニ、〈g〉ラウル・カンティサーノ、〈c〉ハビエル・リベラ、ナタリア・マリン
1/23(水)21時30分
[出]〈b〉ラ・リナ、〈g〉ホセ・デ・プーラ、〈c〉エル・ガジ、マリ・ペーニャ、〈c,b〉ハビエル・エレディア
1/25(金)21時30分
[出]〈c〉レジェス・カラスコ、〈g〉アントニオ・ガメス
1/30(水)21時30分
[出]〈b〉マリア・ホセ・レオン、〈g〉ペドロ・サンチェス、マヌエル・トーレス、〈c〉エル・エシハーノ、キコ・ペーニャ
[場]セビージャ ペーニャ・トーレス・マカレーナ
[問]http://www.peñaflamencatorresmacarena.com

◇ペーニャ・ラ・プラテリア/グラナダ
1/12(土)22時
[出]〈b〉パストーラ・ガルバン
1/19(土)22時
[出]〈c〉セグンド・ファルコン、〈g〉ミゲル・オチャンド
1/26(土)22時
[出]〈c〉ラ・タナ、〈g〉フアン・レケーナ、〈palmas〉マリアノ・サンティアゴ、、マヌエル・サンティアゴ
2/2(土)22時
[出]〈c〉ビセンテ・ソト、〈g〉ノノ・ヘロ
2/9(土)22時
[出]〈c〉アルフォンソ“エル・プリリ”、〈g〉ホセ・デ・プーラ
2/16(土)22時
[出]〈b〉ラ・モネータ
2/23(土)22時
[出]〈c〉アナ・モチョン、〈g〉ルイス・マリアノ
3/2(土)22時
[出]〈c〉フアン・アンヘル・ティラード
3/9(土)22時
[出]〈c〉エセキエル・ベニテス、〈g〉パコ・レオン
3/16(土)22時
[出]〈c〉ベレン・ベガ、〈g〉フアン・ラモン・カロ
3/23(土)22時
[出]〈c〉フアン・ピニージャ、〈g〉ダビ・カロ
3/30(土)22時
[出]〈b〉アナ・モラーレス、〈c〉アントニオ・カンポス、ミゲル・オルテガ、〈g〉ラファエル・ロドリゲス
4/6(土)22時「サエタ」
[出]未定
[場]グラナダ ペーニャ・ラ・プラテリア

[問]www.laplateria.org.es

2018年12月28日金曜日

ぺぺ・アビチュエラとマヌエラ・カラスコに芸術功労金章

2018年度の芸術功労金章の受章者が発表され、フラメンコでは、昨年のエバ・ジェルバブエナに引き続き、ぺぺ・アビチュエラ、マヌエラ・カラスコが受章する。

スペインの文化スポーツ省が毎年、文化芸術の功労者におくるこの章、今年は彼の他に、アントニオ・カナーレス『ベルナルダ』、サラ・バラス『マリアーナ・ピネーダ』を演出したリュイス・パスクアル、カルメン・コルテス『セレスティーナ』を演出したヘラルド・ベラや、妹がかつてホアキン・コルテスのカンパニーで活躍したペネローペ・クルスらも同時受章する。